今日中にお金が借りれる!最短30分で借入れ可能な金融機関はココ!

どうしても当日中にお金が必要な方へ!即日融資を成功させるポイントを徹底解説

どうしても当日中にお金が必要ならば、即日融資ができるキャッシングを選択しなければなりません。しかし、いくら会社側が即日融資を謳っていても、100%必ず実現可能というわけではないので注意しましょう。申し込みに不備があれば受理されませんし、対応可能な時間帯というのも存在しますので、事前によくチェックしておくべきです。曖昧なままで申し込みをすると、審査に通って融資が決まっても、翌営業日に回される可能性があるので注意しましょう。

必要な情報・書類は全て揃っていますか?

申し込みをする際には、会社によって量に違いはあるものの、必要な書類というものが存在します。身分証明書は当然として、給与明細などが求められるケースもあるので、キャッシング会社の説明をよく読んでおきましょう。書類だけでなく本籍地などの情報も記入しなければなりませんので、申し込みフォームも目を通しておくようにしてください。

もしも申し込みをしてから不備に気づいた場合、その時点でキャンセル扱いとなる場合がほとんどです。改めて必要書類を用意して、申し込みをし直すことになりますので、かなりの時間を無駄にしてしまうことでしょう。そうなれば、即日融資が可能な時間までに審査を通過できず、翌営業日まで融資を待たなければなりません。

通常の融資希望についても同様とはいえ、即日融資を希望される方は、特に神経質になって確認を怠らないようにしてください。会社側の提供する説明は何度もチェックして、何か不足しているものがないか見直すようにしましょう。

即日融資の可否に関わる要素を理解しよう

申し込みに不備がなかったとしても、様々な条件を満たしておかないと、やはり即日での融資は実現しないものです。上の表では、即日融資の可否に関わる要素について、代表的なものをまとめています。

まず、申し込みをする時間帯についてですが、早ければ早いほど良いと考えてください。会社側が「14時までの申し込みでOK」といった記載をしていても、審査や確認で時間がかかる場合があるため、絶対とは言い切れません。余裕があれば午前中の内に済ますくらいの気持ちを持って、スピーディーな準備を心がけましょう。

また、審査や在籍確認についても、できるだけ緩いキャッシング会社を選択すべきです。スピード審査を大々的に宣伝している会社や、在籍確認をしなくても良い会社を選択すれば、それだけ融資までの時間を短縮することができます。

意外と見落とされる方が多い注意点として、現金の受取方法に関するものが挙げられます。会社側が当日中に振込処理をしても、利用者側の銀行が閉まっていれば意味がありません。そういった点についても確認をしておき、時間帯を問わずに受取可能な方法を選択するようにしてください。

即日融資の確率が高まる申し込み方法は?

キャッシングを申し込む方法ですが、ネットからの申し込みだけではなく、窓口へ出向いたり、専用の無人機を使う方法も存在します。では、即日融資をどうしても実現させたい場合、どれを選ぶべきなのでしょうか。

一番確実なのは、やはり窓口での申し込みでしょう。受付の方から説明を受けられる安心感はもちろんですし、現金もその場で受け取ることができますので、最も確率が高くなるはずです。ただ、近くに支店が存在しない場合は大変ですし、選べるキャッシング会社の数が少なくなるという欠点もあります。こうしたメリットとデメリットは、専用無人機についても同じことが言えますので、よく考えて選ぶようにしてください。

キャッシングの審査基準とは?審査で重視されるポイントについて

キャッシングで新規の申し込みをする場合、住所・氏名といった申込者の個人情報から年齢・家族構成・仕事・年収・住居・他社利用件数といった情報を入力する必要があります。 この情報を元に、消費者金融の業者は、融資するかしないか、するとしたらいくらまで融資するかなどを審査します。

最近はネットや無人契約機からの申し込みが増えていて、窓口で直接顔をあわせて契約するケースが減ってきていますから、これらの情報がさらに重要になっています。

では、キャッシング業者は、審査をするうえで、どの項目を重視しているのでしょうか?
ここでは、キャッシングの審査で重視される項目について紹介したいと思います。

顧客資産の保全管理が最重要

キャッシングの申込がされると業者の方では先ず初めに「指定信用情報登録機関」にて、現在の利用状況や過去の支払い実績などを以下のデータを元に紹介し調査確認をします。

◆信用情報機関から提供調査される個人情報
情報の種類 情報の項目 情報の保有期間
クレジット・
ローン利用情報

・申込者本人の識別情報
氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・免許証、パスポート番号など

・契約内容の情報
契約日・種類・商品・支払回数・契約の限度額契約終了予定日・登録業者など

・支払状況の情報
報告日・残債額・請求額・入金額・入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無・異動発生日・延滞解消日・終了状況など

・クレジット購入の支払情報
残債額・年間請求予定額・遅延有無など

・消費者金融・信販業者の貸金に関わる
貸付に関する現状の支払い情報
確定日・貸付日・出金額・残高・遅延有無など

契約の支払い期間中、
取引終了後(契約解除後)
5年間
クレジット・
ローン利用情報

・申込者本人の識別情報
氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・免許証、パスポート番号など

・契約内容の情報
契約日・種類・商品・支払回数・契約の限度額契約終了予定日・登録業者など

・支払状況の情報
報告日・残債額・請求額・入金額・入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無・異動発生日・延滞解消日・終了状況など

・クレジット購入の支払情報
残債額・年間請求予定額・遅延有無など

・消費者金融・信販業者の貸金に関わる
貸付に関する現状の支払い情報
確定日・貸付日・出金額・残高・遅延有無など

契約の支払い期間中、
取引終了後(契約解除後)
5年間

※表1:指定信用情報機関(CIC)の資料より一部引用

指定情報機関より得た上記の内容と申込書記載の内容とを照らし、申込者の現状と過去情報を把握して調査を行います。 特に「申込者本人の識別情報」「支払状況の情報 」「消費者金融・信販業者の貸金に関わる貸付に関する現状の支払い情報 」の3つは重要な情報です。

そして、申込書と信用情報機関から得た情報を、業者がそれぞれが持つ独自の審査システムに入力することで採点を行い、審査判定の主な材料としています。
採点のシステムとノウハウは、各社異なるのですべての会社で同じ結果にはなりません。 つまり審査結果の違いがこうしたところからも生じてきます。

その他に、審査結果を問わず申込を行った記録も情報機関に6か月間残り、問い合わせの会員(業者)各社にその情報も提供されます。 つまり、複数の貸金業者に対し同時期に申し込みを行うと多くの業者が多重申込の事実を知り、次の理由により審査を否決します。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧