キャッシングが利用できるのは、何歳から何歳まで? - キャッシングの年齢制限について

キャッシングの年齢制限は満20歳~69歳までです。なかには、75歳までや18歳からキャッシングが可能な学生ローンもありますが、基本的には満20歳~65歳、69歳といった年齢制限が多いようです。大手キャッシング会社の年齢制限を参考にすると、次のとおりです。

キャッシング会社

年齢制限

レイク

20歳~60歳まで

モビット

20歳以上~69歳以下

アイフル

20歳~69歳まで。

アコム

プロミス

 

キャッシングに年齢制限が設けられている理由

キャッシングの条件は与信審査の通過です。そのためには、安定的な収入が最低条件となります。職業や雇用形態、勤続年数や年収など、与信審査に必要となる条件を満たす年齢が必然的に20歳~65歳になることが考えられます。

社会的な信用や収入の有無などを重視するうえでも、成人年齢~定年までの方が対象になるのです。キャッシング=返済の義務ですから、安定した収入は必須です。これらの理由からキャッシングには年齢制限が設けられています。

65歳以上でもキャッシング可能なケース

年齢制限が65歳までとなっていても、キャッシング可能なケースがあります。安定した収入を得ている場合には、65歳以上でも与信審査を通過してキャッシングが可能です。確定申告や源泉徴収票など、収入を証明する書類を提出すれば問題なくクリアできるでしょう。

年齢制限を設けている理由は“定年退職”を考慮しているためなので、それ以降でも年収に問題がないと判断されればキャッシングを利用することが可能です。ただし、全てのキャッシング会社に適用できるというわけではありません。

キャッシング会社は過去の顧客情報と照らし合わせて判断する傾向があります(コンピュータスコアリング)。過去のデータを確認して、「65歳以上の利用者は8割が途中で返済できなくなっている」などの統計が出ていれば、そのキャッシング会社が65歳以上の申込者に融資する確率は低いといえます。

その反面、過去の顧客情報を確認したとき、「65歳以上でも問題ない」といった統計が出されているキャッシング会社は、積極的に融資するでしょう。やはりそういったキャッシング会社は、20歳~69歳、20歳~75歳など年齢制限を高めに設定しているようです。

【65歳以上でもキャッシング可能なケース】
■安定した収入がある(年収)
■収入を証明する書類を提出できる(源泉徴収票や確定申告書)
■なるべくなら65歳以上の年齢制限を設けているキャッシング会社を選ぶ

キャッシングの審査に通りやすい年齢は?

結論からいえば、満20歳~40歳までの独身者がキャッシングの審査に通りやすい傾向にあります。これは、“安定した収入”を判断したうえでの結果です。たとえば、財産を多く所有している50歳の自営業者と、月収は人並みだが安定した収入を得ている30歳の正社員を比較すると、キャッシング会社の審査に通りやすいのは30歳の正社員です。

つまり、キャッシング会社が判断するのは「財産」や「立場」ではなく、“安定した収入”と“年収”なのです。立場や財産が立派でも、収入が無くなってしまえば・・・、といったことをキャッシング会社は冷静に見極めます。

一方、30歳の正社員であれば、職場を解雇されない限り安心です。安定した収入という条件を前提にリスクを考えると、必然的に30歳の正社員がキャッシングでは有利です。
また、家族を抱えていない独身者のほうが審査に通りやすいと言えるでしょう。

配偶者や子供がいれば少なくても収入の半分以上は家計に費やされます。キャッシング会社が申込者の返済能力を見極めるにあたり、「既婚者」と「独身者」を把握するのはそのためです。独身者であれば、家計に費やすお金も最小限なので、既婚者よりは有利です。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧