今すぐ1万~5万円を借りる方法を解説!至急お金が必要な方は必見

「急な出費でお金が必要になった!」、「飲み会があるから、今日中にお金を借りたい」
そういったピンチな場面で、すぐにお金を借りられたらとても助かりますよね。

でも、「キャッシングって借りるまでに時間がかかるじゃないの?」「今日中に借りれるキャッシングってあるの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

結論からいえば、今日中にお金が借りれるキャッシングはあります。特に、今回のテーマである1万円~5万円なら、最短で30分もあればスピーディーに借入することができます。

そこで、このページでは1万~5万円といった少額のお金を今日中に借りる方法を解説したいと思います。

キャッシングと聞いたら、「1万円でも申し込めるの?」とか、「せめて10万円くらいじゃないと相手してくれないのでは?」、なんて思う方もいるようですが、そんなことありません。アコム、プロミス、アイフルといったキャッシング会社は、1万円から借りることができるので、少額だけ借りたいという方でも安心して利用することができます。

このページでは、急な出費に間に合わせるための“今日中に借りるキャッシング方法”をご紹介します。それに合わせて、今日中に1万円~5万円を受け取ることのできる“即日対応のキャッシング会社”についても確認していきましょう。


1万~5万円の少額融資なら利息が安くて審査も通りやすい

キャッシングを利用するにあたり、クリアしなければならないステップが“審査”です。キャッシングの審査は、「返済の約束」と「融資の条件」を契約するためのステップです。返済の約束とは、「この人に貸しても返してくれるのか?」といった根本的な部分を調べるため。

そして、融資の条件とは、「利息(金利)」「返済日」です。キャッシングは、借りたお金に利息をつけて、決められた返済日に指定された方法で返済しなければなりません。借りる金額が大きければ、その分だけ支払う利息も増えます。

審査についても同じです。大きい金額の融資に比べると、1万円~5万円といった少額のキャッシングであれば審査も通りやすい傾向にあります。「今日中に100万円」の場合と、「今日中に1万円」、貸すほうの立場として、どちらが安心できますか?

客観的に考えても、100万円貸すのなら時間をかけて判断すると思いませんか?「返済は大丈夫?」「利息は払える?」といった感じで、貸す立場も慎重になるでしょう。当然ながら審査に費やす時間も長くなります。

その分、1万円~5万円であれば、「仕事をしていて収入があるのなら返せるだろう」といったようにハードルも低くなることが考えられます。審査に費やす時間も短くて効率的です。

急な出費で1万円!これなら利息が安くて審査も通りやすい、今日中のキャッシングが期待できる“即日融資の理想的なシチュエーション”と言えるでしょう。

1万円と5万円のキャッシングで発生する利息は?

利息の設定は法律で定められています。つまり、貸した金額に設定する利息にはルールがあるのです。このルールを「利息制限法」といいます。

■10万円未満の借入・・・年利20%まで
■10万円以上100万円未満の借入・・・年利18%まで
■100万円状以上の借入・・・年利15%まで

このルールに従って、キャッシングの金額に対して支払う利息を設定します。1万円キャッシングした場合は年利20%です。ですが、10万円未満でも、ほとんどのキャッシング会社が年利(利息)の上限を17.8%~18%に設定しています。では、年利18%で1万円借りたときのシミュレーションを見てみましょう。

【1万円のキャッシングで発生する年利18%のシミュレーション】

返済回数 1回目 2回目 3回目 4回目 利息の合計

1回の場合

10,150円

150

2回の場合

5,113円

5,113円

226

3回の場合

3,434円

3,434円

3,434円

301

4回の場合

2,594円

2,594円

2,594円

2,594円

378

返済回数が少ないほど、支払う利息の合計が安いということが分かります。もうお分かりかと思いますが、年利(利息)とは、長期の返済になるほど利息の合計が大きくなってしまうのです。

そのため、利息制限法では金額が大きくなるにつれて年利の設定が低くなっています。金額が多ければ長期の返済が予測され、その分だけ利息の負担を減らすためです。では、年利18%で5万円借りたときのシミュレーションはどのような結果となるのでしょう。

【5万円のキャッシングで発生する年利18%のシミュレーション】

返済回数 1回目 2回目 3回目 4回目 利息の合計

1回の場合

50,750円

750

2回の場合

25,564円

25,564円

1,128

3回の場合

17,169円

17,169円

17,169円

1,507

4回の場合

12,972円

12,972円

12,972円

12,972円

1,889

いかかですか?5万円と1万円比べただけでも差がはっきりしています。いかに1万円をキャッシングしたときの利息が安いかを、お分かりになっていただけたのではないでしょうか。1万円をキャッシングして翌月に全額返済すれば150円の利息。急な出費をカバーするための代償としては良心的な金額(利息)です。

便利で快適なキャッシングライフを実現するために

ここで気をつけたいのは、“全てのキャッシング会社が1万円から融資可能ではない”ということ。つまり、1万円の申し込みを拒否され、ご利用は10万円~といったキャッシング会社も存在します。その反面、1万円のキャッシングで申し込んだのに、「10万円まで利用可能ですが、いかがしますか?」といったケースもあります。

そういったときは、きちんと「1万円でお願いします」と伝えましょう。借りすぎはよくありません。借りたお金には利息が発生しますから、1万円が必要であれば1万円、5万円なら5万円と、目的の金額だけをキャッシングしましょう。

例外としては、無人契約機で申し込んで審査に通ったとき、専用ATMから現金を引き出そうとしたら利用可能額が10万円だった場合です。この際も、1万円が必要であれば1万円、5万円なら5万円と、目的の金額だけをキャッシングしましょう。

キャッシング会社の専用ATMは預金ではありません。たとえ、利用可能な残高があるとしても無視しましょう。まずは、初回にキャッシングした分の返済を済ませるほうが先です。快適で便利なキャッシングライフを実現するためには、目的以上のお金を借りないことです。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧