借りる前に知っておきたい!キャッシングの金利・利息の計算方法について

金利は利息の元となる数字

キャッシングはとても便利な借入方法です。便利ゆえに思わぬ落とし穴もあります。キャッシングはATMで簡単に借りることができますので金利や利息についておろそかになりがちです。キャッシングとはあくまで借金をすることです。

借金をすることは元本と利息を返済しなければなりません。利息が増えて返済不能ということも珍しくはないようです。極端な言い方をすれば利息破たんということもあり得ます。そのためにもキャッシングの利息については確認が要注意です。

ところで金利、利息、利子という文言をよく見聞きします。言葉が似ているためその違いについて分からない方も少なくないようです。

金利とは利息を払う上での基準となる数字。年利10%といえば1年間にかかる金利のことです。5万円を借り、年利10%なら1年間に5千円の利息が付くことになります。

10万円なら1万円、30万円なら3万円、70万円では年間7万円の利息が付きます。金利は利息の元になる数字であることがお分かりになられたと思います。それでは利子についてはいかがでしょうか?

実は利子も利息も同じ意味です。利息が1万円なら利子も1万円。利息が3万円なら利子も3万円になります。利子、利息と表記が違っても中身は同じであることを理解しておきましょう。

キャッシングは分割払いが常識

通常、金利は年利を単位としますが、中には月利という単位をもちいることもなくはありません。

ただし、それは例外で年利という単位が基準となりますので、年間にかかった利息に元本をプラスして返済していきます。例えば100万円の10%の金利では年間10万円の利息が付きます。

これを1日換算にすると約274円の利息です。日割り計算なら365で割る、月割なら12で割れば1月分の利息を求めることができます。

利息の計算はこのようにすれば簡単に導き出せます。そもそも返済には一括払いや分割払いがあります。一括や分割では利息の付き方に変化はみられるのでしょうか?

キャッシングでは分割払いが常識です。これを前提にすると、1年払いで100万円の10%の金利なら1月あたり約8300円の利息が付きます。

元本1万円に8300円の利息、計1万8300円の返済です。次の月は残り元本9万円にそれに対する利息分を計算して返済します。さらに3ヵ月目は元本8万円に利息分を追加します。

このようにして支払い返済をおこなっていきます。利息が高くなればそれだけ合計返済金額は増えていきます。元本の額は変わりませんが利息分が債務者にはとても重くのしかかります。

利息は安いに越したことはありません。キャッシングに際して消費者金融や銀行の利息には若干の違いがみられます。

この利息はそれぞれの金融機関が好き勝手に設定することはできないようになっています。法律により上限が定められていて、その範囲内で利息が決められます。これを利息制限法といいます。

以下のような基準になっています。

・元本が10万円未満なら年利20%まで
・元本が10万円以上なら年利18%まで
・元本が100万円以上なら年利15%まで

利用限度額を参考にしょう

このように利息制限法では上限があり、それを超えると無効になります。

10万円未満のキャッシングでも会社により金利設定が異なり、最高金利20%までの範囲内で貸し付けを行うことができます。キャッシングを利用するには事前にカード取得申請をしておかなければなりません。各キャッシング会社により金利設定が異なりますので、どの会社を選ぶかは迷うところです。

しかしながらどのキャッシング会社の利息も似たり寄ったりといえます。返済利息はとても重要ですが、遅延損害金についても押さえておきたいところです。

遅延損害金とは返済が遅れた時にかかる金利のことです。こちらも会社により若干の違いがあるものの、概ね20%の設定が目立っています。

よもやお金が必要になった時、キャッシングはとても便利なものです。だからこそあらかじめキャッシングについて熟知しておく必要があります。金利や遅延損害金の利率はまずはじめに確認しておきものです。

ただ、その前提条件として利用限度額をみていた方がよさそうです。利用限度額と金利はリンクしています。ご自身が日ごろキャッシングをする際、どのくらいの金額を借り入れるのかを考慮しながら利用限度額を参考にしましょう。

借入金額が10万円未満と小額なら利用限度額の低い会社を選べば良いし、100万円以上の高額となるなら限度額の高いキャッシングを利用すれば問題はないと思われます。しかしながら年収との関係を考えておく必要があります。

年収が低ければ限度額の高いキャッシング枠の申し込みは拒否されることが予想されます。
年収と利用限度額は密接に関係していますので借りる前に知っておきたいポイントの一つです。

キャッシングの金利と利息は大事な点です。最低限の知識をもってキャッシングを上手く使いこなしていきましょう。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧