【低金利でお金を借りたい】金利が安いキャッシングを徹底比較!!

キャッシングはとても便利な借入スタイルです。24時間どこでもお金が借りられるのはキャッシングの魅力です。消費者金融や銀行の窓口に行ってお金を融資してもらうとなれば時間もかかるし手間もかかります。

一方、キャッシングはコンビニの端末などで下ろすだけでお金を借りることができます。キャッシングといっても借入金額は人それぞれによって違います。数万円を借りるころもあれば、数十万円の融資を受けることもあるでしょう。または百万円以上のキャッシングを望む人もいるかもしれません。恐らくいちばん多い借入金額は10万円以下ではないでしょうか?

キャッシングを利用する目的は人それぞれですが、何か急な用事でお金が必要になった、もしくは現金の持ち合わせがない、などの時にキャッシングを利用することが多いのだろうと思います。生活をしていたら誰でもお金の持ち合わせがないことは起きうることといえます。

そのような時にはキャッシングでその場をしのぐというのは特別なことではないといえるでしょう。直ぐにお金を借りることができてとても重宝している方は少なくないはずですが、キャッシングは借金をしているため借りたお金は返さなければなりません。ただ返すのではなく、元本に利息を付けて返済することになります。

キャッシング各社の金利状況を確かめよう

利息すなわち金利は安いに越したことはありませんが、借入金額により金利設定は異なっています。低融資なら金利は安くなるし、キャッシング額が高くなれば利息を多く払わなければならなくなります。

このため低金利キャッシングというのは、10万円未満の少額融資を受ける人のために設定されている金利といえます。ですから高額なキャッシングを利用する人には低金利はおすすめできないというより、そのような金利設定はなされていないというのが現状です。それではキャッシング各社の金利状況をみていきましょう。

・プロミス:4.5%⇔17.8%
・アイフル:4.5%⇔18.0%
・アコム:3.0%⇔18.0%
・ジャックスカード:4.5%⇔18.0%
・オリコカード:4.5%⇔18.0%
・三井住友銀行:4.0%⇔14.5%
・楽天銀行:4.9%⇔14.5%

これは主要な金融機関の金利です。下限金利と上限金利を記載しています。
各金融機関の金利差はほとんどないことに気づかれたと思います。しかし、少し焦点を変えればあることに気づくはずです。

プロミス・アイフル・アコム(消費者金融系)
ジャックスカード・オリコカード(信販系)
三井住友銀行・楽天銀行(銀行系)

銀行系の魅力は安心感も

表記した金融機関をこのように分けることができます。すると銀行系の金利が安いことに気づくと思います。キャッシングを利用したい人にしてみれば金利の安いところから借りたいものです。そう考えれば必然的に銀行系のキャッシングがお手頃となります。

ただ、金利が安くなるということはそれだけ審査が厳しくなることを物語っています。銀行系からキャッシングしたいと思っても事前審査で落とされるということはあり得る話です。銀行系からのキャッシングは金利が安いものの、信用保証が何より大事だということが浮かび上がってきます。銀行系のキャッシング会社は金利が安くとても人気があります。

しかし一点注意が必要です。

返済期間が長くなればなるほど金利負担が増えるということ。金利というのは元本に対して付きますから、返済期間が短ければそれだけ利息分は小さて済みますが、長くなればコスト高になってしまいます。

金利が安いことは利息分のコストが低くなり債務者にはメリットがあります。これはとてもいいことです。ただし、安い金利といっても返済期間が長くなければそれだけ利息分の負担が増えるということだけは頭に入れておきましょう。銀行系のキャッシングが人気になるのは金利の安さだけではありません。キャッシング会社のバックに銀行がついていることの安心感が借り手にはあるようです。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧