銀行系と銀行キャッシングって何が違うの?借りるならどっち?

キャッシング会社を探す内に、銀行の名前が多く記載されていることに気づくでしょう。会社は別の名前なのに「○○銀行系列」といった言葉が添えられていたり、銀行名をそのまま使っているケースもあります。こうした銀行名の扱い方によって、どういう違いが生まれるのか理解するようにしておきましょう。

銀行系と銀行キャッシングの違い

先にそれぞれの違いについてまとめておくと、上の表の通りになっています。それぞれに異なる特徴がありますので、きちんと見分けられるようになって、ベストな選択ができるようになりましょう。

銀行が直接運営している銀行ローン

キャッシングを別会社が運営しているのではなく、銀行本体が運営している場合銀行キャッシング、銀行ローンと呼ばれるものです。これについては、難しいことを考える必要はなく、その銀行からお金を借りることになります。

銀行が運営していることですので、ややお堅い傾向にあり、審査や申し込みのハードルが高くなっています。その分、金利はかなり安い場合がほとんどですが、借りやすさという意味では難があるのです。また、利用用途についても審査基準になることがあり、銀行側が意図する使い方でないと融資を受けられない場合があります。

ただ、最近では銀行ローンと言えども、利用しやすくハードルを下げているものも増えてきました。銀行のATMを利用できるローンであれば、通常のキャッシング同様に気軽にお金を手にすることができます。昔ながらの傾向は念頭に置きつつも、それに固執するのではなく、使えそうな銀行ローンがあれば候補に入れておきましょう。

銀行系キャッシングは、別会社として独立している

全くの別会社として運営されていながら、資金を銀行が流している会社「銀行系キャッシング」と呼びます。こういった会社の場合は、銀行ローンと違ってかなり自由度が高くなっており、利用者の幅も広くなっています。銀行相手にお金を借りるよりも、緩い審査で申し込めますので、お手軽なキャッシングと言えるでしょう。

銀行系キャッシングの魅力としては、経営母体が安定している点にあります。安心して契約できるだけでなく、金利も他キャッシング会社より優遇される場合があり、大口利用にも対応していることが多いのです。必ずしも銀行系キャッシングが一番と言うわけではありませんが、有力候補としてチェックしておくと良いでしょう。

銀行系キャッシングの判断基準ですが、ほとんどの場合はホームページにそれとなく銀行名を書いているものです。銀行の子会社だとわかる組織形態をしているならば、それは銀行系キャッシングに分類されるのだと解釈してください。

取引先銀行の名前を出しているだけのキャッシング会社について

利用者の多くは銀行系列のキャッシング会社とわかると、それだけで信用をしてしまうものです。どうせ似たような条件で融資を受けるならば、出来るだけ大きな経営基盤を持つ会社を選択するというのは、キャッシングだけに限った話ではないでしょう。

しかし、こうした顧客の心理を狙って、事実を誤認させる表記をしているキャッシング会社もあります。よくある例が「取引先銀行」というもので、これは経営基盤とは関係のない要素なので誤解しないようにしましょう。例えば、「主要取引先:A銀行」と書かれているキャッシング会社があったとしても、これはA銀行系列の会社という意味ではありません。A銀行に融資を受けたことがあったり、お金の移動に口座を利用しているというだけで、全くの別会社だと理解しましょう。

取引先銀行を表記すること自体は、特に不自然なことではありませんが、過剰にアピールしていると感じられるならば注意しましょう。利用客に何か実害があるというわけではないものの、安易に選んでしまうともっと良い会社が後で見つかることもあります。銀行系キャッシングを探す場合に限らず、キャッシング会社選びは隅々まで確認しておき、誤解や疑念を払拭してから契約すべきです。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧