今すぐお金が欲しい!カードローンとフリーローンはどっちがよい?

キャッシングの主要なタイプ分けの仕方として、カードローンとフリーローンの二つに分ける考え方があります。これは契約そのものが根本的に異なるもので、どちらを選ぶかによって大きな差が生じます。「お金を借りる」という一点だけを見れば共通していても、「いつ借りる」「何回借りる」という考え方をしていくと、全く違うサービスと解釈することもできるのです。

まずは両方の違いと特徴を把握して、自分の利用スタイルにどちらが向いているか判断するようにしてください。メリットがあればデメリットも伴うものですので、きちんと特徴を整理しておきましょう。

カードローンは、お金をいつでも借りられる権利を取得するもの

キャッシングの契約をすると言っても、すべての場合で現金を手にするわけではありません。審査を経た上で契約をしたものの、一度も現金を受け取ることなく何年も経つケースも考えられるのです。カードローンもそういったタイプのキャッシングに位置づけられ、契約して即座に現金を渡されることはありません。

カードローンは欲しい金額に対して契約するのではなく、所定の融資限度枠を利用できるようにしてもらうサービスになります。例えば30万円の利用枠を設定されたカードを発行すれば、その範囲内で自由にお金を引き出せるようになるのです。現時点で利用する予定がなくても、いざという時のために所有している方は多いので、保険のような役割も担っていると言えるでしょう。

また、カードを発行しても、実際に利用しない内は月々の支払いが課せられない点も特徴の1つです。1万円程度の少額利用であっても、カードローンならば気兼ねなく使えますので、万が一に備えて保有しておくと安心できるでしょう。

フリーローンは即座に必要な金額を融資してもらうもの

カードローンと違ってフリーローンの場合は、契約をした時点で現金を渡されることになります。今すぐに必要な金額を申告して、それに対して審査が行われて、最終的に融資に至るものです。

こちらの場合はいつでも引き出しが可能というわけではなく、お金が必要になれば、その度に審査を受けなければなりません。そのため、利便性という点ではカードローンに劣るので、一見すると不便に感じられるかもしれません。
それでもフリーローンの場合は審査が甘い傾向にあり、申し込みから融資までのスピードも早くなっています。会社によっては申し込みから現金を手にするまで、1時間かからないケースもあります。また、追加融資を受ける際は審査が簡易化されるキャッシング会社もあるので、カードローンに劣らない水準で便利なサービスも増えてきています。

どちらが適しているかは自分次第

2つのタイプのキャッシングですが、どちらを使うべきかは人それぞれ向き不向きがあるものです。メリットに考えられることも、お金に貸し借りにおいてはデメリットに転じるケースがあるので、安易に決めつけないようにしてください。

カードローンとフリーローンの違いについて
上の表はそれぞれのキャッシングについて、特徴を比較したものです。即効性はフリーローン、利便性ならカードローンと考えられますが、他にも比較すべき要素は沢山あります。利便性が高過ぎると借りすぎてしまう危険性もあるため、我慢できずに使ってしまいそうな方は、制限のかかるフリーローンこそ向いているかもしれません。逆に、年に少額融資と完済を繰り返すような方ですと、毎回契約をしなくても良いカードローンが有効となるでしょう。

また、同じタイプのキャッシング同士でも、金利や支払い方法などで違いがあることを忘れないようにしてください。どちらか一方の形式にこだわり過ぎずに、トータルで判断するように心がけ、無理のない利用ができるように計画を立てましょう。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧