無利息キャッシングは本当にお得?正しい活用法を徹底解説

キャッシングを利用した場合、必ずしも金利が必要になるというわけではありません。いくつかの条件を満たすことで、本来かかるはずの金利を免除してくれるキャッシング会社も存在するのです。

本来ならば、企業は金利によって収益を得ているのですから、無利息では経営が成り立ちません。しかし、新規顧客を確保することも必要なので、「客寄せ」として無利息キャンペーンを実施しているのです。キャッシングの利便性と安全性を理解してもらうには、まずはとにかく利用してもらうのが一番だと、こうした企業は判断しているのでしょう。

さて、利用者の観点で見てみると、この無利息キャンペーンというのはメリットの大きなサービスと言えます。他の業界で例えれば、サービスを活用したのにも関わらず、料金を請求されないのと同じことですからね。利用できる状況にあるのならば、無利息のキャッシング会社を積極的に活用して、金利ゼロの恩恵を受けるようにしましょう。

「1ヶ月無利息」という言葉は二通り解釈できるので注意

タダで使えるものである以上、どのような企業でも利用に対しては制限が加わるものです。無利息という言葉だけ見ていると、本当の意味を捉えられずに、恩恵を受けられずに終わってしまう恐れがあります。特に無利息期間という言葉は、うっかり誤解してしまいかねない二つの解釈があるため、どちらの意味なのか見極めなければなりません。

第一に、定められた期間内に完済した場合のみ無利息になるというパターンです。こうした企業は、概ね1週間から1ヶ月の範囲が相場となっているので、少額利用者向けと言えます。注意すべきなのは、所定の期間が過ぎると、通常通りに金利が発生するという点です。給料日直前に3万円だけ借りて、給料ですぐに完済してしまうような使い方が望ましいでしょう。

一方で企業によっては、期間内に完済しなくても無利息になるパターンもあります。こちらの場合は、無条件で初回返済の金利を差し引くといった手法で、返済期間に関わらず恩恵を受けることが可能となっています。2ヶ月で完済したとしても、初回の月利が無料となれば、実質的には1ヶ月で完済したのと同じことです。長期利用者にもメリットが存在するので、自分が適用されるかどうか確認しておくと良いでしょう。

「1ヶ月無利息」という言葉は二通り解釈できるので注意

以上の説明を図でまとめたものが、こちらの画像です。言葉の意味を誤解すると、期待していたメリットが受けられない恐れがあるのです。広告の表記に飛び付かずに、契約では無利息期間がどのように扱われるか確認し、確実に無利息期間を活用できるようにしてください。

無利息期間は、長期利用者よりも短期利用者向け?

無利息期間がある会社を使うことは、これまで説明させていただいた通り、それ自体は利点であると考えて間違いありません。しかし、無利息期間が用意されているという理由だけで、安易にキャッシング会社を選択しないようにしましょう。

例として、金利12%のA社と、金利18%のB社があったとします。2つの会社のうち、B社は融資後30日間を無利息扱いにしてくれます。この場合、期間内に完済できるのであれば、無利息となるB社がお得です。ただ、だからと言って安易に契約してしまうと、予定が変わってしまったときに状況が逆転することになります。1ヶ月で完済するつもりが、思わず長引いてしまったとき、結局A社を選択すべきだったという結果になる恐れもあるのです。

給料日前に少額融資を受けるようなケースであれば、不注意さえしなければ問題ないかもしれません。仮に不注意で完済が遅れても、翌月すぐに支払いきれば金利も微小なもので済むでしょう。ところが、似たようなケースでもボーナス支給前に数十万利用するのであれば、慎重になるべきです。長期返済に切り替えたときに、無利息期間の恩恵以上の負担がかかってしまい、「安物買いの銭失い」になってしまうかもしれません。

ローテーションを組んで無利息期間を賢く利用

ほとんどの場合、無利息期間は1ヶ月以内ですので、数ヵ月単位での利用では意味は薄いと考えられています。しかし、これはあくまで1社との付き合いを続けることが前提の話ですので、方法次第で抜け道はあります。

ローテーションを組んで無利息期間を賢く利用

上の画像は30万円の利用を、月5万円ずつ返済した場合のイメージ図です。3社を順番に利用し、借り換えによる無利息期間適用のメリットを最大限に活かしています。本来ならば金利15%のキャッシング会社で、完済までに13,852円の利息が必要になるものです。それが完全に0円になるのですから、多少の手間を考慮しても実践する価値はあるでしょう。

こういった方法を考えているならば、無利息期間のある会社の情報は、少しでも多く仕入れておくべきです。会社によって無利息期間の扱い方も違いますし、再契約で適用されるか否かという問題もあります。そういった情報を理解し、うまくローテーションを組むことができれば、長期間にわたって無利息キャッシングを活用できることでしょう。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧