キャッシングの審査で重視される属性とは?

キャッシングで実際にサービス(融資)を受けようとするならば、提供元の企業が利用者を審査し、条件を満たしているか判定することになります。このときカギとなるのが「属性」と呼ばれるもので、利用者はこの属性によって分類されて、総合的に評価されるのです。

ただ、こうした審査に関わる内容というのは、利用者には何ら知らされることはありません。あくまで会社側が独自に管理し、結果のみを利用者に伝えるというのが基本になっています。それでも、どのキャッシング会社も属性の判定基準というのは似たようなものですので、大まかな形でも良いので理解するようにしておきましょう。

属性とはそもそも何か?きちんと理解して、自分の情報を整理しよう!

キャッシングの審査は、数多くの情報を基にして判定されるものですから、単純に収入の多さだけで決まるのではありません。一人の利用者であっても、「雇用形態」「住居」「同居人の有無」「固定電話の有無」等といったように、様々な角度から信頼できるか否かを判定されます。

こうした細かい判定要素の1つ1つを属性と称し、プラス評価とマイナス評価それぞれの多さによって、融資金額も決まるわけです。同じ年収でありながらも、利用者ごとに融資額に差が生まれるのは、この属性によって変化すると考えてください。

例えば、職業について考えても、キャッシング審査では属性を細分化することが可能です。正規雇用かどうかという「雇用形態」、どれくらい働いているかという「就業年数」、他にも「勤め先の規模」「転勤の有無」等が挙げられるでしょう。つまり、大会社の正規雇用で長く勤務している方と、零細企業の非正規雇用で採用されたばかりの人では、同じ年収300万円でも前者が優遇されやすいというわけです。

仕事以外にも持ち家に住んでいたり、家族が同居していれば、プラスの属性であると判断されることが多いです。全ての属性がプラスという方は滅多にいないでしょうが、何かしら有利だと思える箇所があるのであれば、仮に審査で落ちでも別会社で再チャレンジすると良いでしょう。

キャッシングの審査で重要視される項目

特に重視される傾向の強い属性については、上の画像でいくつか列挙していますので、自分自身に当てはめてみてください。キャッシング会社ごとに優先する属性が異なりますので、別の会社では貴方のプラス属性を大いに評価され、融資につながることも十分考えられるのです。

キャッシング会社にも「好み」がある?属性を自己分析して有利な会社を探そう!

属性と言っても、すべてが平等に評価されるわけではありませんから、キャッシング会社によって利用者の評価は変化してきます。

例えば、ある会社では「就業年数が短すぎる」ことがマイナス評価になっても、別の会社では「働いているなら問題ない」と全くハンデにならなかったりするのです。このことは住居や借入状況等の項目でも当てはまり、ある属性について不安を抱えていたとしても、キャッシングの利用をあきらめる必要はないのです。

先ほど掲載した表には、「住居」「仕事」「借入状況」という大きな枠の中に、3つの細かい属性が入っています。もしも住居の3項目についてマイナスであったとすれば、残りの6項目で挽回できなければ厳しいように思えるかもしれません。

一方で、「住居」についてほとんど審査対象にしていない会社があったとすれば、残りの6項目だけで評価されるので、かなり融資の確率は高くなるでしょう。このように特定の項目を軽視している会社や、逆にある項目だけ特別視している会社など、審査の比重はバラバラとなっています。

1つの会社の審査で落ちたとしても、そこで悲観してしまってキャッシングの利用を断念しないようにしてください。たまたま貴方の属性の中で、弱点となっている部分を重要視する会社であったのならば、他社では普通に借入ができることでしょう。

まずは、自分の属性について簡単に自己分析を行い、弱点となりそうな部分を洗い出すようにしてみましょう。そうすることで、どういった部分に審査の重点を置く会社が有利か、自ずと答えが見えてくるはずです。

融資対象をしている目的別ローンならば、弱点の属性を無視してもらえることも

一般ローンと呼ばれる広い範囲で融資をしているキャッシングでは、属性についても広く浅く見られる傾向があります。

ごく普通のサラリーマンを中心視しているわけですから、あまり偏った見方はされず、多角的に利用者の審査を行うわけです。これが有利となる方もいるでしょうが、個人事業主等のように特殊な環境にいる方には不利になりかねません。

それに対して、事業主向けローンのような特定の人物のみを対象にしているものならば、偏った審査になりやすいです。上の表で考えれば、「仕事」に関する属性がほとんど審査対象になりませんから、そこにハンデを感じている方には有利となるでしょう。

こうした目的別ローンでは、一般サラリーマンのような平均的な人よりも、ある属性に偏りが見られる方が利用しやすいようになっているのです。他にも現在アルバイトをしている学生の方であれば、学生ローンを利用することで、仕事に関する属性の不利がなくなります。

先述したようにキャッシング会社ごとに重視する属性が変わるだけでなく、同じ会社であってもサービスの種別によって、審査の傾向が変わるものだと理解しておいてください。もしも、自分の属性が特殊であると自覚しているならば、それに沿ったキャッシング選びをすることが必要になります。

一般ローンでは全戦全敗状態だった方であっても、目的別ローンに切り替えた途端に融資が受けられたりするのは、こうした審査で見られる属性というものが作用しているのです。

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧