どうしても早急にお金が必要!即日融資を成功させる方法について

どうしても当日中にお金が必要ならば、即日融資ができるキャッシングを選択しなければなりません。しかし、いくら会社側が即日融資を謳っていても、100%必ず実現可能というわけではないので注意しましょう。

申し込みに不備があれば受理されませんし、対応可能な時間帯というのも存在しますので、事前によくチェックしておくべきです。曖昧なままで申し込みをすると、審査に通って融資が決まっても、翌営業日に回される可能性があるので注意しましょう。

必要な情報・書類は全て揃っていますか?

申し込みをする際には、会社によって量に違いはあるものの、必要な書類というものが存在します。身分証明書は当然として、給与明細などが求められるケースもあるので、キャッシング会社の説明をよく読んでおきましょう。書類だけでなく本籍地などの情報も記入しなければなりませんので、申し込みフォームも目を通しておくようにしてください。

もしも申し込みをしてから不備に気づいた場合、その時点でキャンセル扱いとなる場合がほとんどです。改めて必要書類を用意して、申し込みをし直すことになりますので、かなりの時間を無駄にしてしまうことでしょう。そうなれば、即日融資が可能な時間までに審査を通過できず、翌営業日まで融資を待たなければなりません。

通常の融資希望についても同様とはいえ、即日融資を希望される方は、特に神経質になって確認を怠らないようにしてください。会社側の提供する説明は何度もチェックして、何か不足しているものがないか見直すようにしましょう。

即日融資の可否に関わる要素を理解しよう

申し込みに不備がなかったとしても、様々な条件を満たしておかないと、やはり即日での融資は実現しないものです。下の表では、即日融資の可否に関わる要素について、代表的なものをまとめています。

即日融資の可否を左右する主な要素

まず、申し込みをする時間帯についてですが、早ければ早いほど良いと考えてください。会社側が「14時までの申し込みでOK」といった記載をしていても、審査や確認で時間がかかる場合があるため、絶対とは言い切れません。余裕があれば午前中の内に済ますくらいの気持ちを持って、スピーディーな準備を心がけましょう。

また、審査や在籍確認についても、できるだけ緩いキャッシング会社を選択すべきです。スピード審査を大々的に宣伝している会社や、在籍確認をしなくても良い会社を選択すれば、それだけ融資までの時間を短縮することができます。

意外と見落とされる方が多い注意点として、現金の受取方法に関するものが挙げられます。会社側が当日中に振込処理をしても、利用者側の銀行が閉まっていれば意味がありません。そういった点についても確認をしておき、時間帯を問わずに受取可能な方法を選択するようにしてください。

即日融資の確率が高まる申し込み方法は?

キャッシングを申し込む方法ですが、ネットからの申し込みだけではなく、窓口へ出向いたり、専用の無人機を使う方法も存在します。では、即日融資をどうしても実現させたい場合、どれを選ぶべきなのでしょうか。

一番確実なのは、やはり窓口での申し込みでしょう。受付の方から説明を受けられる安心感はもちろんですし、現金もその場で受け取ることができますので、最も確率が高くなるはずです。ただ、近くに支店が存在しない場合は大変ですし、選べるキャッシング会社の数が少なくなるという欠点もあります。こうしたメリットとデメリットは、専用無人機についても同じことが言えますので、よく考えて選ぶようにしてください。

一方でネットからの申し込みについてですが、受取方法さえきちんとしていれば、現金を手にするまでにかかる時間は窓口利用と大差はありません。システムがしっかり確立されている会社で、ホームページ上に即日融資に関する基準が明記されているのであれば、それに従って申し込めば安心です。ただし、即日融資の締切時刻がシビアに設定されていることもあるため、条件がどうなっているか確認することを忘れないで下さい。

 
移動時間
申し込み
現金の受取方法
締切時間
窓口・無人機 あり その場で行う その場で融資 営業時間内(例外あり ※1)
インターネット なし 自宅で可能 銀行・ATMを使って融資 銀行営業時間中(例外あり ※2)

※1 会社によってルールが違うので、電話等で確認すること
※2 銀行システムによって、終日対応可能な場合がある

 

注目の第一位は!?最新人気ランキング2014

注目の特集

今日中にお金を借りたい方へ
キャッシングの基礎知識
目的別にキャッシングを選ぶ
初めてキャッシングを利用する方へ
お金を借りる豆知識
借入金額別にキャッシングを選択
キャッシングの審査について
キャッシングの金利について
キャッシングの返済方法について
キャッシングについてよくある疑問
キャッシングサービス一覧